アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「読書」のブログ記事

みんなの「読書」ブログ


時期的に、八切止夫と言えば…この名作?

2007/03/02 12:15
上杉謙信は女だった
いや、ものすごい名作だと思いますよ?上杉謙信は女だった…。
衝撃的ですね。
結構有名な説らしいですけど、私は全然知らなかったので。

上杉謙信は女だったというタイトルから、てっきり『上杉謙信が女である』証拠を探す旅のレポートかと思ったんです。
信長殺し、光秀ではない
この本を先に読んだ影響です。
コチラの信長殺し、光秀ではないは光秀冤罪説探るため延々とレポートしている半小説みたいな本だったので、上杉謙信もその手の作風かと思ったんですが、もう普通に小説でした。

それも、なぜ上杉謙信女性説があるのかの解説も無く、当たり前のように女性の上杉謙信が描かれているのでびっくり。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


こうして私は八切止夫が気になりだした。

2007/01/28 11:24
信長殺し、光秀ではない
八切止夫様。
もとはと言えば、私が明智光秀ファンだったばっかりにあなたの本に出会ってしまいました。初めて読んだのは『信長殺し、光秀ではない』という一冊でした。
何しろ私は、明智光秀ファンですから、このタイトルは非常に気になりました。

そう、あなたの本で最初に読んだのが幸か不幸かこの『信長殺し、光秀ではない』だったのです。

タイトルからして、衝撃的です。でも本能寺の変における明智光秀の謀叛には影の黒幕がいるというのはいろいろな書籍・歴史研究・小説で言われてきています。秀吉黒幕説、朝廷黒幕説、家康黒幕説、はてはバテレン黒幕説まで。明智光秀の謀叛の影に光秀を操る黒幕がいる、主犯がいるといった光秀単独謀叛を否定する説は数多く読みました。しかし、この『信長殺し、光秀ではない』は影の黒幕がいるとかいう話ではないのです。そもそも光秀が実行犯ではないという話なのです。何という衝撃でしょう!っていうか“そもそも論”ですか?

そしてその内容の衝撃的なこともさることながら、あなたの熱い文章は私のハートを鷲づかみです。なんですか、これはいったい。小説?リポート?取材記事?何かに取り憑かれたかのごとく熱く“光秀冤罪説”を語るあなたがとてつもなくキュート(?)です。

一昔前の文体。語り手の体験の織り交ぜ方。場面展開。なにやら煙に巻かれたような。狐に化かされているような。こういう状態をまさに暗中模索というのか、と納得したものです。もはや、私の頭は大混乱です。

そして今私は叫びます。『八切止夫がひどく気になる!』 と。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


愛あるがゆえに“ちょい辛”コメントさせていただきます。

2007/01/20 02:58
八切止夫様。

私が一番驚いたこと言えば、あなたのその熱いメッセージ、“自己主張”、そして“思い入れ”が充分にこめられる、を通り越してあふれでちゃった小説の書き方でございます。
通常、小説というのは一定のリズムのようなものがあり、視点はあくまで第三者を貫いていてこそ(一人称形式の小説ももちろんありますが)だと思っておりました。しかし、あなたの小説は違います。話をすすめる途中で熱くなりすぎるのか、突然あなたの主張が始まるのです。

たぶんあなたは歴史小説を書いていたはずです。それは、歴史という裏づけはあるもののフィクションであるものです。歴史上に実在した人物を元にキャラクターを作り、小説の中で都合のいい設定を追加しているわけです。あなたはそうして話を進めているはずなのに、途中で突然“自己主張”を始めてしまいます。

あなたがその人物に対して思い入れを持っているのも分かります。小説としてストーリーを展開していくために切り捨ててしまった設定があることも分かります。でも!それはさっきまであなたが書いていたキャラクターにはない設定だったのですが?前半分部とぜんぜん違うキャラクターになってませんか?!複数の本を読んだ私はあなたの言わんとしている主張がそこはかとなく分かりますが、それはこの小説の設定じゃなかったはずなんですが……。

読者を惑わす熱い文章!煙に撒かれる私。
あれ?歴史小説読んでたはずなんだけど、この本て歴史検証本だったけ?
あれ?今まで歴史検証していたはずなのにいきなり物語はいっちゃたけど?
……そんなあなたの文章。

そしてなにより、私が一番最初に読んだ『信長殺し、光秀ではない』が一番この傾向が強いということに気がついたとき、運命のようなものを感じました。もしも別の作品を先に読んでいたら、これほどあなたに傾倒したりしなかったと明言できます。

私はあなたのどこまでも暴走する文章が大好きです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 33 / コメント 0


トップへ | みんなの「読書」ブログ

八切止夫がひどく気になる! 読書のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる